スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
久々の投稿です
長らくお休みしていた「みんなで作るJAZZ名盤カタログ」ですが、久しぶりの投稿です。
スタート当初は、書き始めるとついついのめり込んでしまい、ふと気付けば2時、3時
なんてことがざらでした。これでは仕事に支障が出てしまうと、放棄してしまったのでした。

という訳でこれからは余り気負わず、頻度も適当に書いていこうと思います。
それと、これまでは「JAZZ」にこだわっていたのですが、これからはジャンルを
興味あるもの全般に広げて書いていこうかなと思っています。

さて、まずは久々に「チューが選んだ名盤」です。今回はジョン・コルトレーンの
「Live Trane The European Tour(Pablo)」です。
LiveTrane

昨年の9月頃、ぼくとハチのマスター・アキ坊の二人揃って突然の熱病にかかりました。
それは「やっぱトレーンは欧州ツアーが最高だぜ熱」という強烈な病でした。
もともと二人ともトレーンマニアなのですが、この時の熱の入れ方は今から思い起こしても
尋常ではありませんでした。

ひょんな事から、「ヨーロッパツアー時代のトレーンが如何に凄まじかったか」という話題で
盛り上がったのをきっかけに、二人で持っている1961~1963年の欧州ツアー録音のCD/LP
を持ち寄り、イコライザをかけ、最高の録音レベルに戻した上で、演奏日毎のCDを作ってしま
おうという事になったのです。

何しろマスターはマニアックな性格で、ミュージシャンの耳とスタジオ・エンジニアの腕前を
兼ね備えているので、遣り出したらとことんはまってしまったのです。

最も被害を受けたのはバイトのアキちゃんでした。なにせ、朝から晩まで、コルトレーン
カルテットのアルバムをとっかえひっかえ聴かされるのですから。
おまけに当時のカルテットのレパートリーと言えば「My Favorite Things」、「Mr.P.C.」、
「Naima」、「I Want To Talk About You」、「Impressions」、「Aflo-Blue」あたりがメイン
で、どのアルバムを聞いても同じような曲ばかり。

僕は資料やNetをフル活用して61年から63年の欧州ツアーの全てのセッションの詳細記録
を調べ尽くしました。例えば、1963年10月23日にはストックホルムで2セットやってて、
1st Setの1・2曲目はHPLP-6に収録、2~4曲はPabloの「The European Tour」に収録
されている、といった内容をエクセルでリスト化したわけです。
こうして、入手した音源を演奏日毎にまとめあげ、特に当時録音のこもっていたエルヴィンの
シンバルが抜けて聞こえるようにレベル調整を施し、入念にピッチを修正していった結果
出来上がった7枚のCDは、二人にとっての宝物となりました。

全く別物のアルバムに生まれ変わったCDを大音量で流すと、タイムスリップして、その場に
居合わせたかのような臨場感。至福の体験とは正にこの事でしょう。
(アキちゃんの「お願いやからもう止めて」という突っ込みが聞こえてきそうですが)

特に気に入っているのが、63年10月22日、ストックホルム、1st Setの「Mr.P.C.」です。
3年間の欧州ツアーで9回の録音が残っているこの曲の最速バージョンであり、エルヴィン
のドラムとトレーンのソロの凄まじさは超弩級です。

皆さんも、ぜひ一度欧州ツアーのコルトレーンを体験下さい。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2007/12/21 02:05 | インタープレイ・ハチ | コメント(1) | Trackback(1) | pagetop↑
天満音楽祭でJAZZライブ三昧!
10月8日(土)、9日(日)に、第6回天満音楽祭が開催されます。
私はこの10年海外におりましたので、今回が初めてなんですが、関西のジャズを中心にブルース、ソウル、ゴスペル、アカペラ、スカ/フォーク/ラテン/カントリー/シャンソン/クラシックなどロック以外のありとあらゆるジャンルの100組を超える、プロ/セミ/アマのミュージシャンが結集するライブ・フェスティバル。

この音楽祭に「いんたーぷれい8」出身のバンドが多数出演します。10月8日(土)の晩は前夜祭として、「8」でも特別ライブが行われるとの事。音楽祭の前日という事で、いつも以上の盛り上がりが予想される、この機会に、是非「いんたーぷれい8」を覗いて見てください。

《昨年の第5回の時の様子》
tenon0401tenon0402
8のマスターと常連"F"さんのデュオ      中学生?のダンスユニットか?

tenon0403tenon0404
   クラシックの交響楽団も          楽器の交換会もあるみたいです

banner02←クリックで応援お願いします
2005/09/24 15:49 | インタープレイ・ハチ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
マッドサイエンティスト?
mad02


見慣れない名前のトラックバックが、先日の「ハチママセッション」についていたので、トラックバック先を確認すると、SF作家でハチの常連さんでもある堀晃さんでした。

banner02←クリックで応援お願いします
続きを読む

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/09/19 00:56 | インタープレイ・ハチ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
ハチママ・セッション
8mama

(ちょっと忙しくて更新が遅れてしまいましたが)先週金曜日の晩、9:30までの残業を終え、地下鉄で帰宅の途中、はたと第2金曜日であることに気が付いた。

「やべっ、梅田行かなあかんやん。」

毎月第2金曜日はジャズ喫茶<いんたーぷれい8>のハチママ・ナイト。昔は毎晩常連バンドのセッションに参加していた ママも72歳。さすがに夜な夜なアホなジャズキチ達に付き合っている訳にもいかない。とはいえ、たまにはバカ騒ぎもしたかろう。

てなわけで常連さんの発案で、始まったハチママ・ナイト。この日ばかりは、「私が主役よ」と、このやかましいおかんを中心に、日頃とは一風異なる「ランチの女王」セッションとなるのだ。

10時過ぎに店に着くと、すでに仕事着に長靴という魚屋のようないで立ちのママが、マスター率いるピアノ卜リオをバックにスキャットしていた。

「ンッパカスチャラカ、イェイイェイイエーッ、シュビドゥビドゥバラバ、みんな選挙行きやーっ。」

相変わらず常人には理解しがたい脈絡の無さである。

この8ママ、山下洋輔さんが評して曰く、「普通の喋りがそのままジャズ」という人なので、初対面のお客さんはちょっととまどうかもしれない。人と話をしていても、次から次へとさまざまな発想が頭の中で交錯しているのだろう。

さて、この日ばかりはママが主役、誰も逆らえないという決まりになっている。ひとしきりハチャメチャな曲をかました後で、ママはお気に入りの”いくさん“に声をかける。
「いくーっ、1曲うとてや!」
常連のいくさんは、僕も好きなブル一ス系シンガーである。

「ええーっ、あたしやんのぉ?(もろ大阪弁イントネーション)」と言いながらも今日はママには逆らえない。渋々と登場するが、歌い出すと相変わらず良い味を出す。

そこへテナーサックスのひめさんがひょいと現れて飛び入りする。高校時代から来ていたという常連さんで、結構いい年のおじさんのはずなのだが(ひめさん、すいません)、見かけは派手なアロハシャツと薄茶色に染めた一昔前のロッカーのようないでたちで、年齢不詳、職業不明。これがテナ一を吹かせるとめちゃうまなのだ。大学のジャズ研出身で、ライブで至上の愛を全編やったという人なので、どういう吹き方かは想像して下さい。

怪しいフリー系テナ一ひめさんが加わると、ブルースも一気にアバンギャルドな展開となり、僕好みになってくる。初めてのお客さんたちは、さっきまでのブルース・ソングが一瞬にしてフリージャズと化す展開に、「な、なんだ?どうなってんだ?」とアッケにとられている。

激しいアドリブがひとしきり続き、元の曲にもどるんかな?と思っていると、そこはさすがに手足れ達、強引にテーマにこぎつけ、いくさんも入るきっかけをもらい、最初のブルースに戻ってエンディングにこぎつけた。
メデタシ、メデタシ。

ここの常連さんたち、演奏レベルはまちまちだが、共通しているのは心からの音楽好きばかりということ。ジャズという文化が継承されていくには、こういう“場”が必要なんだよなぁ。
banner02←クリックで応援お願いします

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/09/12 23:57 | インタープレイ・ハチ | コメント(1) | Trackback(1) | pagetop↑
ジャズセッションの楽しみ
session01

(※写真使わせてもらいましたが、ベースのHさん、ドラムのSさん、問題ありあましたら一声おかけください。)

ここのところ、ずっとランキング1位に選んで頂いており、ええんかな、ていう感じですが、せっかく大勢の方々に見てもらっている内に、是非ジャズファンのみなさんに一言。
日本には、アメリカの演奏家も羨むほどのジャズ環境があると言われています。

これはマイナーでも優れたCDが手に入れるとか、ファンの耳が肥えているなど、様々な要素が関係していると思われますが、こうした環境作りに重要な役割を果たしてきたのが日本特有のジャズ喫茶だと思います。

ただ最近は音楽を聴く環境が便利になりすぎて、ジャズ喫茶に足を運ぶファンが明らかに減っているようです。

先日いんたーぷれい8に行った時も、お客さんの多くはアマの演奏家達で、せっかく熱いセッションをやっているのに身内以外のお客は4~5人という状態。
ジャズという音楽は、やはり生で聴かないと、本当の良さが分からないもの。

ジャズファンの皆さん、家に籠もってCDだけ聴いてないで、たまにはジャズ喫茶に出かけてみませんか?

きっとジャズがもっと好きになれると思いますよ。

大阪のいんたーぷれい8に行ってみたいという読者のみなさん。
けっこう見つけにくいので詳細地図を載せておきます。
お店でお目にかかりましょう。
hachi-map


この店構えを探してください。
misegamae


banner02←クリックで応援お願いします

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/09/04 14:42 | インタープレイ・ハチ | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
ハチママ・バースディ・パーティー!
mama yosuke


今日は8月8日、先日予告したハチママ・バースディ・パーティーで盛大に盛り上がってきました。店名の由来となった昭和8年8月8日生まれの8ママも今年で齢72歳。"老いて尚、盛ん"という言葉は、全くこのおかんの為にあるんかい!と、いうくらい相も変わらず元気なママを囲んでのパーティーには、毎年決まって山下洋輔さんが飛び入りしてくれるのです。日頃は滅多に埋まることのない、この店も、毎年この日ばかりはあちこちからお客さんが駆けつけ、テーブルの取り払われた店内は、それこそ立錐の余地も無い状態となります。中には5歳のお嬢ちゃん連れの夫婦までいたりして、「洋輔さん聞くの何回目?」と聞くと、なんと3回目だそうな!2歳から洋輔さんの音楽を聴いて育った女の子が一体どのような人生を歩んでいくのか、「フリージャズの幼児教育に与える影響」というテーマで研究してみたいものだとつい馬鹿な考えが浮かんだりしてしまう。

banner02←クリックで応援お願いします
続きを読む

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/08/09 02:22 | インタープレイ・ハチ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
ジャズ大名とザ・ウチアゲ
jazzdaimyo


皆さんは、どんなきっかけでジャズを好きになり、どうやってお気に入りのミュージシャンやアルバムを見つけていますか?
今日は僕がジャズの世界に引きずり込まれた学生時代の面白話を紹介します。

初めてジャズを意識したのは、高校三年の時、友達でジミヘンからパコ・デ・ルシアまでコピーしていたギター気違いがいたんですが、そいつが持ってきたフュージョン系のLP(当時は勿論CDなんてありませんでした)がきっかけでした。スパイロ・ジャイロ(なんと今も続いてるそうですが)という当時結構流行ったバンドで、それまでロック狂だった僕は、演奏の自由さとテクニックの高さに驚いた記憶があります。

banner02←クリックで応援お願いします
続きを読む

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/08/07 23:01 | インタープレイ・ハチ | コメント(2) | Trackback(1) | pagetop↑
いんたーぷれいハチ -音楽ファンとプレーヤーの養成所-
hachi01

週末にインタープレイハチに行くのが習慣だ。この店の良い所は、久しぶりに(僕の場合は海外駐在で10年ぶり)顔を出してもすぐに馴染めてしまうところ。この店の魅力をフローチャートで説明するとこうなる?

マスターがオープンでジャズピアノがメッチャ上手い
     ↓
アマチュアプレーヤーが共演したがって集まる
     ↓
この演奏が聴きたくて音楽ファンが集まる
     ↓
毎月の第2金曜日ハチママナイトに参加する
     ↓
余りのおモロさに、更に深みにはまり常連と化す
続きを読む
2005/06/26 01:43 | インタープレイ・ハチ | コメント(5) | Trackback(1) | pagetop↑
ハチママナイト?
今日は第二金曜日(アップが1日遅れてしまいましたが、書いた時点では金曜だったのだ)、ハチママナイトである。行き着けのジャズ喫茶「インタープレイハチ」の名物おかん(現在71歳!)が月に1度の高齢、じゃなかった恒例のジャムセッションに登場する日なのだ。

このおかん、昭和8年8月8日生まれで、それが店名の由来となっているわけですが、誕生日の如くまさにフィーバーというか波瀾万丈の人生を
送ってこられたようです。
続きを読む
2005/06/11 01:39 | インタープレイ・ハチ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
Archie Shepp/The Way Ahead
thea way ahead

ザ・ウェイ・アヘッド/アーチー・シェップ

1. Frankenstein
2. Damn If I know
3. Fiesta
4. Sophisticated lady
Archie Shepp(ts)/Walter Davis,Jr(p)/Ron Carter(b)/
Jimmy Owens(tp) Beaver Harris(ds)/Roy Haynes(ds)


JAZZを聞き始めて25年。元はといえばロック少年だった僕がジャズの世界に足を踏み入れたきっかけは、山下洋輔さんの書いた「ピアニストを笑え(晶文社)」という1冊の本だった。
続きを読む
2005/06/04 22:51 | インタープレイ・ハチ | コメント(2) | Trackback(1) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。