スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
久々の投稿です
長らくお休みしていた「みんなで作るJAZZ名盤カタログ」ですが、久しぶりの投稿です。
スタート当初は、書き始めるとついついのめり込んでしまい、ふと気付けば2時、3時
なんてことがざらでした。これでは仕事に支障が出てしまうと、放棄してしまったのでした。

という訳でこれからは余り気負わず、頻度も適当に書いていこうと思います。
それと、これまでは「JAZZ」にこだわっていたのですが、これからはジャンルを
興味あるもの全般に広げて書いていこうかなと思っています。

さて、まずは久々に「チューが選んだ名盤」です。今回はジョン・コルトレーンの
「Live Trane The European Tour(Pablo)」です。
LiveTrane

昨年の9月頃、ぼくとハチのマスター・アキ坊の二人揃って突然の熱病にかかりました。
それは「やっぱトレーンは欧州ツアーが最高だぜ熱」という強烈な病でした。
もともと二人ともトレーンマニアなのですが、この時の熱の入れ方は今から思い起こしても
尋常ではありませんでした。

ひょんな事から、「ヨーロッパツアー時代のトレーンが如何に凄まじかったか」という話題で
盛り上がったのをきっかけに、二人で持っている1961~1963年の欧州ツアー録音のCD/LP
を持ち寄り、イコライザをかけ、最高の録音レベルに戻した上で、演奏日毎のCDを作ってしま
おうという事になったのです。

何しろマスターはマニアックな性格で、ミュージシャンの耳とスタジオ・エンジニアの腕前を
兼ね備えているので、遣り出したらとことんはまってしまったのです。

最も被害を受けたのはバイトのアキちゃんでした。なにせ、朝から晩まで、コルトレーン
カルテットのアルバムをとっかえひっかえ聴かされるのですから。
おまけに当時のカルテットのレパートリーと言えば「My Favorite Things」、「Mr.P.C.」、
「Naima」、「I Want To Talk About You」、「Impressions」、「Aflo-Blue」あたりがメイン
で、どのアルバムを聞いても同じような曲ばかり。

僕は資料やNetをフル活用して61年から63年の欧州ツアーの全てのセッションの詳細記録
を調べ尽くしました。例えば、1963年10月23日にはストックホルムで2セットやってて、
1st Setの1・2曲目はHPLP-6に収録、2~4曲はPabloの「The European Tour」に収録
されている、といった内容をエクセルでリスト化したわけです。
こうして、入手した音源を演奏日毎にまとめあげ、特に当時録音のこもっていたエルヴィンの
シンバルが抜けて聞こえるようにレベル調整を施し、入念にピッチを修正していった結果
出来上がった7枚のCDは、二人にとっての宝物となりました。

全く別物のアルバムに生まれ変わったCDを大音量で流すと、タイムスリップして、その場に
居合わせたかのような臨場感。至福の体験とは正にこの事でしょう。
(アキちゃんの「お願いやからもう止めて」という突っ込みが聞こえてきそうですが)

特に気に入っているのが、63年10月22日、ストックホルム、1st Setの「Mr.P.C.」です。
3年間の欧州ツアーで9回の録音が残っているこの曲の最速バージョンであり、エルヴィン
のドラムとトレーンのソロの凄まじさは超弩級です。

皆さんも、ぜひ一度欧州ツアーのコルトレーンを体験下さい。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2007/12/21 02:05 | インタープレイ・ハチ | コメント(1) | Trackback(1) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。