スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Giant Steps/John Coltrane
giant steps
ジャイアント・ステップス/ジョン・コルトレーン

<スイングジャーナル読者ランキング第26位>
1.Giant Steps/2.Cousin Mary/3.Countdown/4.Spiral
5.Syeeda's Song Flute/6.Naima/7.Mr. P.C.
8.Giant Steps(take2)/9.Naima(take2)/10.Cousin Mary
11.Countdown(take2)/12.Syeeda's Song Flute(take2)
Tracks 1-5,7,10-12 : John Coltrane(ts)/Tommy Flanagan(p)/
Paul Chambers(b)Art Taylor(ds)
Track 6 : John Coltrane(ts)/Wynton Kelly(p)/
Paul Chambers(b)/Jimmy Cobb(ds)
Tracks 8,9 : John Coltrane(ts)/Cedar Walton(p)/
Paul Chambers(b)/Lex Humphries(ds)


今日はちょいと面白いものを見つけたのでコルトレーンの「Giant Steps」を紹介したいと思います。コルトレーンが空間を音で隙間無く埋めていくかのような演奏法(シーツ・オブ・サウンドと呼ばれる)を完成の域にまで高めたといえる作品。その後のサックス奏者に多大な影響を与えた事は想像に難くありません。そのタイトル曲は、緻密な音の積み上げにより、建築物を構築していくかのようなイメージがありますが、このジャイアント・ステップスに合わせたアニメーションをネット上で見つけました。この出来が秀逸で音楽の持つイメージを見事にCGで表現しています。是非見てください!!
banner02←クリックで応援お願いします
スポンサーサイト
2005/07/24 01:46 | スイング・ジャーナル読者が選んだベスト100 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
<<お知らせ-上海帰りのJAZZ日記からの移行 | ホーム | Keith Jarrette / Survivor's Suite>>
コメント
このアニメーション、カッコイイですねえ♪ちょっと感動すらしました。幾何学的で次々に展開し、広がりを見せるコルトレーンの世界観が、こういう形で表現されるとは!Ⅱ-Ⅴの階段状フレーズにはきちんと階段の絵がはまってたりするところがにくいです。
なおき * URL [編集]2005/07/26 22:38
でしょー。作者はイスラエルのMichael Levyさんというアーティストで、N.Y.に留学経験があるみたい。この作品はJVCジャズフェスのアート部門審査展示会みたいな所でも出品されたそうです。本人のHPで自作製作のサポートとして寄付を呼びかけています。
チュー * URL [編集]2005/07/26 22:39
人気Blogランキングでこちらを知りました。ギタリストです。Giantstepsこの曲は毎日弾いています。でも難しいです。
ウチのJAMSesionで時々やりますよ♪
ではまたお邪魔致します。
SAZUKU335 * URL [編集]2005/07/27 15:10
いらっしゃい。Giant Stepsをギターで演奏できるんですか?楽器ができる方が本当に羨ましいです。またお気軽にコメント下さい。
チュー * URL [編集]2005/07/28 23:44
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/20-b0d2b0ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。