スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Earth Walk/Jack De Johnette
earthwalk

アース・ウォーク/ジャック・ディジョネット

1.It's Time to Wake Up and Dream/2.Blue
3.Where or Wayne/4.Priestesses of the Mist
5.Earth Walk/6.On Golden Beams/7.One on One
8.Lydia/9.Monk's Plumb
10.It's Time to Wake Up and Dream [Alternate Version]

Jack De Johnette(ds)/Greg Osby(As, Ss)
Gary Thomas(Ts, Fl)/Michael Cain(P, Synth)
Lonnie Plaxico(B)/Joan Henry(Synth)<1991年>


今日のアルバムは僕が選んだ名盤です。ジャック・ディジョネットと言えば、キース・ジャレット・チャーリー・へイデンとのスタンダーズでの演奏が有名ですが、自身のグループ「スペシャル・エディション」でも意欲的な作品を多く残しています。
1曲目の"It's Time to Wake Up and Dream"が昔から大好きです。単純なドラムとベースのリフに特徴的なプラキシコのピアノが絡んできて、テナーとアルトの2管ユニゾンでテーマに突入するスタート部分は何度聞いてもスカッとするかっこ良さです。
アルバム全体に「自然環境」というテーマが貫く、コンセプトアルバム的な仕上がりになっていて、山歩きのテーマとして、i-Podで聴きながらの散歩にも似合いそう。
banner02←クリックで応援お願いします
スポンサーサイト
2005/07/25 20:26 | チューが選んだ名盤集 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
<<Outside By The Swing /山中千尋 | ホーム | Waltz for Debby/Bill Evans>>
コメント
よくキース・ジャレット・トリオは聴きますが、ジャックは良いですねー。しかしこれは私は聴いた事がないので、今度ぜひ聞いてみたいです。最近FC2に遊びに来ているものです。機会ありましたらまたよろしくです。
team-tera4 * URL [編集]2005/07/26 07:24
マサノビッチさん、いらっしゃい。新しいブログに移行後最初のコメントありがとうございます。マサノビッチさんのブログも見せて頂きました。なんか趣味が近くて、これからも遊びに行かせてもらいます。最初のページに載っていたチック・コリアのフレンズ、僕も高校3年の時に買って良く聴きました。ジャズとフュージョン(懐かしいなぁ、この言い方)の境目でバランスを取った名盤ですよね。ガッドのドラムがカッコ良かったのを覚えてます。
チュー * URL [編集]2005/07/26 21:11
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/23-e37f1728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。