スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Briliant Corners/Thelonious Monk
Brilliant Corners
ブリリアント・コーナーズ/セロニアス・モンク全曲試聴できます。

<スイングジャーナル読者ランキング第29位>

1.Brilliant Corners/2.Ba-Lue Bolivar Ba-Lues-Are
3.Pannonica/4.I Surrender, Dear/5.Bemsha Swing

Track 1-3
Thelonious Monk (p,celeste)/Ernie Henry (as)
Sonny Rollins (ts)/Oscar Pettiford (b)
Max Roach (ds)

Track 4-5
Thelonious Monk (p)/Clark Terry (tp)
Sonny Rollins (ts)/Paul Chambers (b)
Max Roach (ds)


モンク初登場!セロニアス・モンクと言えば聴いた事が無い人でも「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」の作曲者と言えば知っている人も多いのではないでしょうか?このアルバムは一世一代モンク無しの大名盤(くさっ)。
タイトル曲の「ブリリアント・コーナーズ」一発でノックアウト確実の、ジャズ界稀代の奇才モンクの「妙さ・黒さ・ユーモア」のあらゆる要素が詰まった作品です。この強烈な個性のリーダーの下では、ソニー・ロリンズもマックス・ローチも完全にモンク・ミュージックの支配下にあるように聴こえてしまう。彼らの素晴らしいソロ演奏にも拘わらず、やっぱりモンクの掌の上で頑張ってるかのようなのだ。こういう境地はマイルス、ミンガスなど一握りの超個性的ミュージシャンだけが到達できる高みだろう。
banner02←クリックで応援お願いします
スポンサーサイト
2005/07/26 21:42 | スイング・ジャーナル読者が選んだベスト100 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<'Round About Midnight/Miles Davis | ホーム | Outside By The Swing /山中千尋>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/25-36c7c84b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。