スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
【サンタナ、ハンコック、ショーター】レポート1
wayne

結論から言うと、僕はこのライブ騙されたような気がしています。何故かと言うと、今回3人の顔合せと聞いて3人が夫々の音楽性をミックスさせた、もう少しジャズよりの演奏が聴けるものと思っていたので。だって、チケットを販売しているHPでもウェインとハービーの写真しか載せてないんですよ。これじゃ誰だって二人のデュオにサンタナがゲストと思うじゃないですか!
ところがライブが始まると、いきなりサンタナのギンギンギター全開でラテン祭りモードです。やたらド派手に目立つドラムスは何とデニチェンこと、デニス・チェンバース!こりゃジャズ的展開は期待できないな、と思った通り、ウェインもハービーも何処か遠慮気味のソロ展開。時おりウェインがあのワン・アンド・オンリーな音色で独自の世界を作り始めるのですが、何せ全体の音楽と質が違いすぎてどうも乗り切れないのです。そりゃサンタナはグラミー賞ももらってメジャーかも知らんが、この偉大な二人をサイドマン扱いかよ、と義憤みたいなものを感じてしまいました。

ただ、そうした状況を余り気にするようでも無く、自分の音を吹き続けるウェインの姿には、感銘を受けました。だって今のこの時代にウェインのサックスが聴けるって実は凄い事なんですよ。何せ1933年生まれの72歳ですよ。流石にソロが終わるとショーターだけはピアノの横に椅子が用意してあり、じっと座っていますが、延々3時間のライブを最後まで一緒にプレイしちゃうんですから。ここまで長寿且つ活動期間の長いジャズ・マンもちょっといないんじゃないでしょうか。
(次回へ続く)
banner02←クリックで応援お願いします
スポンサーサイト
2005/08/01 00:26 | 未分類 | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
<<【サンタナ、ハンコック、ショーター】レポート2 | ホーム | サンタナ、ハンコック、ショーター>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/29-7bce60c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
祭りの後
土曜日は町内の祭りでしたさておき、私にとっての祭りはこちらです「Herbie Hancock, Wayne Shorter, Carlos Santana and the Santana Band perform on this special tour for peace.Osaka Festival Hall」ラテンロック jbass-BlognPlus【 2005/08/01 10:26 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。