スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
In all languages/Ornette Coleman
in all languages

イン・オール・ランゲージズ/オーネット・コールマン
何故か品切れ、アマゾンさん頑張って仕入れてよ!

1. Peace Warriors/2. Feet Music
3. Africa Is the Mirror of All Colors/4. Word for Bird
5. Space Church (Continuous Services)/6. Latin Genetics
7. In All Languages/8. Sound Manual
9. Mothers of the Veil/10. Cloning
11. Music News 12. Mothers of the Veil
13. Art of Love Is Happiness/14. Latin Genetics
15. Today Yesterday and Tomorrow/16. Listen Up
17. Feet Music/18. Space Church(Continuous Services)
19. Cloning/20. In All Languages
<1987年>


3枚目の紹介を書きながら、はっと気がついた。やばい、これまで3枚ともすべてフリージャズ系ではないか。確かに僕はフリージャズ系から この世界に入ったが、今ではエヴァンス、ブラウニーは勿論ゲッツもメッセンジャーズもエラやシナトラの唄モノまでカバーするオールラウンドなファンに成長しているのだ。ジョージ・アダムズやマリオン・ブラウン、ドルフィー、トレーンは勿論、ミルフォード・グレイブスのドラムは最高と思うし、アイラーやセシルを聞くとげらげら笑い出してしま・・・、うっ、やべぇ、また地が出てしまった。
とは言え、このアルバムについては書かないわけにはいかない。
オーネットと聞いただけで、”雪の積もった林に立つ怪しげな3人組”「At the Goleden Circle」か"ジャクソン・ポラックのフリー・ペインティング"でお馴染み「Free Jazz」あたりを連想し、どうせ「ギョキケロ、ポリヒレホレ」などとおどろおどろしいサックスが鳴り響く”いわゆるフリージャズ”に違いないと聴きもせずに思い込んでいることはないだろうか?

だとすれば、これは本当に不幸なことと言わざるを得ない。およそこのジャズの世界に足を踏み入れ、オーネットを聴かないなんて、日本飯が好きと言いながらふぐを食わない、あるいは上海に来て”ドゥザハ(上海ガニ)”を食わない、はたまた関西に来て吉本を見ない(?)ようなものだからだ。

このアルバムは、オーネット独特のタイム感覚、自由なリズム・メロディー展開が、あの伝説のカルテットとプライムタイムのダブル・フォーマットで楽しめる非常にレベルの高い作品となっている。特にフリーを理解できない一般的なジャズファンにも充分アピールし得る明るさを具えてもおり、初めて聴くオーネット入門アルバムとしても最適。
SFチックなSpace Churchのかっこよさはどうだ。オーネットのやっている事は基本的に60年代から変わっていないのに、今の耳にも新鮮だ。

今となっては、The QuartetのDon CherryとBilliy Higginsの2人は故人となり、この黄金メンバーによる演奏は二度と聴けない。その意味でもよくぞこのアルバムを残しておいてくれたと思う。大好きなDon Cherryの演奏も双生児の如く、オーネットに対応していく。
banner02←クリックで応援お願いします
スポンサーサイト
2005/06/07 23:28 | チューが選んだ名盤集 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<John Coltrane &Johnny Hartman | ホーム | キアズマ/山下洋輔>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/3-205d7c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。