スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Michael Brecker/Michael Brecker
michael brecker
マイケル・ブレッカー

1.Sea Glass/2.Syzygy/3.Choices
4.Nothing Personal/5.Cost of Living
6.Original Rays/7.My One and Only Love [*]

Michael Brecker(ts,EWI)/Jack DeJohnette(Ds)/Charlie Haden(B)/Kenny Kirkland(P)/Pat Metheny(G)<1987年>


どこかのブログでマイケル・ブレッカーが癌で闘病生活と知った。
5月の報道であり、ぼくが帰国した頃の事らしい。ショックである。

インパルスで、意欲的なストレート・ジャズをやるようになってからのアルバムは、全て楽しみに聴いてきただけに残念でならない。
マイケルの復帰を祈りつつ応援する意味で今日は彼の作品を紹介します。
banner02←クリックで応援お願いします
インパルス移籍前、フュージョン(或いはクロスオーバー)の世界で活躍していたマイケルは、どんな短いソロパートでも、歌心あふれるメロディ-でクライマックスを作り出せる希有なミュージシャンとして注目されてきた。

AOR系アルバムへの参加も多く、普通の音楽ファンであれば、きっとそれとは知らずにあちこちで彼の演奏を聴いているはずだ。

スティーリー・ダン、マイケル・フランクス、ジェームズ・テイラー、オノ・ヨーコからSMAPまで。彼らのアルバムで、カッコ良いサックスパートが聴こえてきたら、それがブレッカーだ。
例えば・・・・
スリーピング・ジプシー/マイケル・フランクス

オーガスト/エリック・クラプトン

SMAP 009
※ブレッカーのサイドマンとしての全仕事はこちら

そうした器用さが災いし、スタジオミュージシャンとしての評価が固まってしまっていた事への不満があったのだろう。インパルスへ移ってからは、こうした自身の殻を打ち破るかのように、優れたジャズを創造してきた。

これは移籍後に発表された、記念すべきl枚目。コルトレーン・ライクなパッセージを抜群のテクニックで、ハードかつメロディアスに決めていく奏法は快感そのものだ。脇を固めるメンバーも超豪華!勿論完成度で言えば、後に発表された「Tales From The Hudson」のほうが上なのだが、何せあのブレッカーがモロジャズの世界にやってきた!という嬉しい驚きの記憶がこの1枚にはあるのだ。
スポンサーサイト
2005/08/04 22:57 | チューが選んだ名盤集 | コメント(3) | Trackback(0) | pagetop↑
<<名盤カタログ・プロジェクト本格始動!! | ホーム | Dancing In Your Head/Ornette Coleman >>
コメント
チューさん
こんばんわ。パパモフといいます。

人気blogランキング経由でやってきました。
のぞきに来るようになって、まだ日は浅いのですが、いつも楽しく拝見させていただいています。

どんなカタログになっていくのか、とても楽しみです。
更新がんばって下さいね。

出来れば、ワタシのほうからリンクを張らせていただきたいのですが、いかがでしょうか?

特に急いでいるわけではありませんので、お時間のあるときにお返事下さいm(_ _)m

ランキング、クリックしてから帰りますね♪
では失礼します。
パパモフ * URL [編集]2005/08/05 00:29
パパモフさん、いらっしゃい。リンク大歓迎です。ご自由にどうぞ。パパモフさんはフュージョン中心のようですね。僕も好きなのがいくつか紹介されていました。お互いトラックバックもしあいましょう。
チュー * URL [編集]2005/08/06 00:44
チューさん
おはようございます。パパモフです。

リンクの件、どうもありがとうございます!早速張らせていただきますm(_ _)m

それとトラックバックの件、了解しました。どうぞお気軽にTB送って下さいませ。

今後も応援させてもらいますね。
(ポチッ)
パパモフ * URL [編集]2005/08/06 07:33
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/33-7f63ae8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。