スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Madrigal/山中千尋
madrigal

Madrigal/山中千尋

CHIHIRO YAMANAKA(p)/LARRY GRENADIER(b)
RODNEY GREED(ds)/JEFF BALLARD(ds)
recorded 2004/2/12,13&15

1.ANTONIO'S JOKE/2.LIVING TIME EVENT V
3.MADRIGAL/4.OJOS DE ROJO
5.SCHOOL DAYS/6.SALVE SALGUEIRO
7.CARAVAN/8.LESSON 51/9.TAKE FIVE



10位進出!と感謝のコメントを書いたのが、ほんの3日前でしたが、今日は何と5位まで上がってるじゃないですか!?

ここ数日まめに更新した事と、本音の話を楽しんで頂けたのかな?と思います。応援頂いている読者の皆様、本当にありがとうございます。

さて、以前「気になる1枚、誰か教えて」第1弾として取り上げた山中千尋ですが、情報を寄せてくれたのは1人だけ。正直「このコーナー、企画倒れかぁ?」と思ってしまいました。
自分が聴いてみたいアルバムを買う前に、大勢のファンの意見を聞ければ、買い損じも防げるし、ブログなら多くのファンの色々な声も紹介できるし、一石二鳥だと思ったのですが。

いつも見にきて下さるあなた、遠慮せずにコメント書き込みお願いしますよ。なんせこのブログのコンセプトは参加型名盤カ夕口グなんですから。(ブログ初心者の方の為に念のため。コメントは記事最下部のコメントをクリックすれば記入フォームが開きます。)

さて、情報不足で放っておくのも気持ち悪いので、実は山中千尋のアルバムを澤野工房さんのHPで注文しておいたのですが、先日洋輔さんのライブから帰ってくると、ちょうど届いていたので、早速i-Tunes経由i-Podに取り込み、通勤の電車で聴いています。

全くi-Podさまさまの毎日です。以前なら音楽を聴く時間を作るのは一大事でした。それが今では通勤時間2時間たっぷりジャズに浸っていられるのですから。

LPやカセットテープで取り貯めたライブ音源のMP3化も少しずつ進行中です。棚に忘れ忘れられて眠っていたLPを久しぶりに聴きながら、こんな凄いアルバムだったんだ!と感動する事もありました。コルトレーンのSun Shipも買った当初とは違う深い感動を覚えました。

さて、本題の山中千尋です。このMadrigalは発売当時HMVで年間ベストセラーになったそうですが、成る程フレッシュな魅力溢れるピアノです。夕ッチもキレがあるし、音作りのセンスもとても良い(School Daysだけはちと失敗かな)。これからどういう方向に伸びて行くのか楽しみな人だと思います。ただ僕の期待が余りに大き過ぎたのか、上原ひろみを聴いた時ほどの衝撃ではなく、「チューが選んだ名盤」入りは見送ります。色んな評価を読んでいる限りでは、1作目の出来が良さそうなのでいずれそちらも聴いてみようと思いますが。皆さんの感想はいかがでしょうか?

banner02←クリックで応援お願いします
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/08/10 07:46 | 気になるアルバム、誰か教えて | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<モバイル・ジャズ・ブログ! | ホーム | ハチママ・バースディ・パーティー!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/39-62e73d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。