スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
John Coltrane &Johnny Hartman
coltrane&hartman

ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン

1.They Say It's Wonderful  2.Dedicated To You
3.My One And Only Love 4.Lush Life
5.You are too beautiful 6.Autumn Serenade

John Coltrane(ts)/Johnny Hartman(vo)/Jimmy Garrison(b)/
McCoy Tyner(p)/Elvin Jones(ds) (1963年)


山下洋輔のレコードを聴きたくて訪れた、ジャズ喫茶「いんたー
ぷれいハチ」で、何故かバイトを頼まれた当時大学1年の僕は、
ただでジャズが聴けてバイトになるならと1秒考えて即決。4年間
のジャズ漬け生活が始まったというわけです。
当時のバイト代は自給4~500円と安かったものの、豊富な余禄がそれを補って余りありました。たとえば、
・レコード係りとして3000枚ものライブラリーから自由に選べる特権
・晩飯・酒・タバコの配給つき
・1~2ヶ月に1度の山下洋輔トリオのライブがタダで聴ける
 (席はいつも最前列でハーフセット終了後は耳が完全に死んでいた)

などなど。どぅ?あなたもやってみたくなったんじゃないですか?
毎晩夕方から11時過ぎまで、年季の入ったジャズキチおじさんたちに囲まれ、ブラインドフォールドテスト(音でミュージシャンを当てるクイズ)や、「ほれ、ドルフィーがサイドマンで’Round about midnightやってる、あのアルバムかけてくれ」などという厳しい要求に鍛えられ、数々の名盤を覚えていったものでした。

さて、この頃、店を閉めた後の最後の1枚にはいくつかの定番がありました。何せ1日中ジャズを聴いた後の大トリですから、そんじょそこらのアルバムではつとまりません。

音楽的にもレベルが高く、気持ちよく聴けることが求められます。いくらフリージャズファンとは言え、コンロの火を落とし、看板をしまい「ほなぼちぼち帰ろか」という時にセシルの”Conquistador !”では洒落になりません。

当時 僕の好きだった定番が、このコルトレーンと黒人ボーカルのジョニー・ハートマンによるコルトレーン唯一のボーカル入りアルバムでした。特にB面1曲目(この言い方、もしかして最近の人には分からないのかな)つまりLPの裏側1曲目の「My one and only love」こそがお目当て。この何ともいえない低音でゆったりと歌いこむトレーンとハートマン。まさにジャズバラードの極致。

立て続けにフリー系アルバムを紹介してしまった反省も込めて、4枚目は万人に薦められるが、奥深い座右の石的名盤。きっと一生付き合えるアルバムになると思います。ジャズの世界に興味を持ち始めた頃で、どんなミュージシャンから聴けば良いのか迷って入る皆さん。まずはこのCDあたりから始められてはどうですか?絶対にはずさせませんよ。
banner02←クリックで応援お願いします
スポンサーサイト
2005/06/08 23:42 | チューが選んだ名盤集 | コメント(1) | Trackback(1) | pagetop↑
<<Miltons/Milton Nascimento | ホーム | In all languages/Ornette Coleman>>
コメント
JAZZ初心者でございます。
いやーついつい何枚か既にamazonで買ってしまいましたですよ…。よくわかってないくせに…。つい。
山下洋輔もきちんと聞いたことはなかったんですが、「夢の蘭入者」(古いなあ…)ですごくリリックなカンジのソロを弾いててナミダ出そうになったことがあって、こんなにメロウなピアノ弾く人なんだ!とビックリしたことがあります。あー、最近お金使いすぎだ…
シーラカンス * URL [編集]2005/07/26 22:31
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/4-981adbd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Live at the Montreal Jazz Festival (Dol)
CDは数枚もっていてお気に入りの女性歌手なので、値段の安さにひかれて購入しました。選曲はThe Girl in The Other Room ですが、エルビス・コステロとの共作も多く静かで心象的なひたむきな曲というのが印象。悪くはないのですが、大ホールで超満員の聴衆でのプレイするに ジャズの極意【 2007/10/04 00:55 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。