スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Money Jungle/Duke Ellington くーっ、強烈!
Money Jungle

Blue Note
2002-07-29
売り上げランキング 3,416

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 
Money Jungle/Duke Ellington

Duke Ellington(p)/Charles Mingus(b)/Max Roach(ds)

1.Money Jungle / 2.Fleurette Africaine
3.Very Special / 4.Warm Valley
5.Wig Wise/ 6.Caravan / 7.Solitude
8.Switch Blade / 9.A Little Max (Parfait)
10.REM Blues / 11.Backward Country Boy Blues
12.Solitude(alternate take)
13.Switch Blade(alternate take)
14.A Little Max(Parfait)(alternate take)
15.REM Blues(alternate take)


皆さんはデューク・エリントンのピアノを真剣に聴いた事がありますか?
エリントンと言えば、「オーケストラが私の楽器だ」という有名な言葉からも、バンド全体を意のままに操り自らの音楽を紡ぎ出す作/編曲の大家というイメージが強く、彼のピアニストとしての才能には余り意識が及ばないですよね。

僕もそうでした。このMoney Jungleを聴くまでは。

ベースとドラムのイントロに「ガーンッ!」と切り込んでくるタイトル・チューンMoney Jungleのカッコ良さ。これを聴くと「伯爵(Duke)」なんてあだ名の高貴なイメージなど粉々に打ち砕かれる事でしょう。

あのミンガスやローチという大物が、エリントンの凄みの前では完全に貫禄負け、赤子同然ですからね。

どこかで読んだ話では、このセッションの時に、どうもミンガスとローチが大喧嘩してミンガスはベースを片付けて帰っちゃおうとしたようなんですね。

それをエリントンが「まぁまぁ、そない言わんと(何で大阪弁やねん)」となだめ、引き止めて。それで演奏始めると、いきなり「ガーンッ」と。渇を入れたって事でしょうか。

ところで、皆さんは大西順子のWOWを聴いた事ありますか?彼女が93年にデビューした時、日本全国のファンが1曲目のThe Junglerの低音ゴリゴリピアノにノックアウトされたのですが、彼女はまさに、このMoney JungleにインスパイアされてThe Junglerを作曲したのです(別にご本人に確かめた訳ではありませんが、自信があるので言い切っちゃいます)。
banner02←クリックで応援お願いします

他にも紹介しています
チュ-が選んだ名盤集

マイショップを見る

スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/08/10 20:46 | チューが選んだ名盤集 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
<<Attica Blues Big Band/Archie Sheppでぶっ飛んで | ホーム | モバイル・ジャズ・ブログ!>>
コメント
こんにちは、電気です。

このブログもパワーアップされてきましたね。後輩は素直に先輩の応援をさせて頂きます。

ピアニストとしてのエリントンは大好きです。ただ、私にはこのアルバムを理解する感性が備わってません・・・。

ヴァーブのサイド・バイ・サイド/バック・トゥ・バック、パブロのレイ ブラウンとのデュオ等、エリントンがちゃんとピアノを弾いてそうで編成の少ないものは極力買うようにしてました。

マネー・ジャングルもエリントンのピアノが聴ける!と期待してたのですが、上でも書いたように全く理解できませんでした。

私のこのアルバムに対する印象は、「お前らが今やりたいんは、こんなんやろ!?」とローチ&ミンガスがエリントンに
かる~くあしらわれた、って感じです。

ミンガスを理解できない+この頃のマックス ローチも理解できない+ピアニストとしてのエリントンを勝手に美化しすぎている人間のすごく偏った解釈ですので、気にしないで下さい。
電気 * URL [編集]2005/08/11 13:44
ミンガスを理解できない、と書かれていますが、多分理解できるとかできないとかの問題じゃなくて、単に好きになれないという事じゃないですかね。

音楽自体は変わらないけれど、自分の内面的なものが経験や知識の幅などの要因によって変化し、縁があれば、ひょんな事から好きになる、そんなもんじゃないですかね。
チュー * URL [編集]2005/08/14 01:32
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/41-816c869b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。