スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Jazz Giant/Bud Powell - Jazz Pianoの聖典
Jazz Giant
Bud Powell

Verve
1990-10-25
売り上げランキング 32,775

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

1.Tempus Fugit/2.Celia/3.Cherokee/4.I'll Keep Loving You
5.Strictly Confidential/6.All God's Chillun Got Rhythm
7.So Sorry Please/8.Get Happy/9.Sometimes I'm Happy
10.Sweet Georgea Brown/11.Yesterdays/12.April In Paris
13.Body And Soul 
1.~6. 
Bud Powell(p) Ray Brown(b) Max Roach(ds)  
7.~13. 
Bud Powell(p) Curly Russell(b) Max Roach(ds) 


今日はピアノの巨人バド・パウエルを紹介しましょう。Jazz Giant!自らのアルバムに「ジャズの巨人」とつけてしまうとは、普通の神経では到底できませんが、それでも内容で納得させてしまうのが凄い。
この頃のパウエルは、初期の最盛期で、47年Roostの初リーダー作「バド・パウエルの芸術」、49-53年のBlue Note録音「ジ・アメイジング・バド・パウエル第1&2集」、49-51年のVerve録音「ジャズ・ジャイアント」、「ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル」まで、どのアルバムをとってもジャズ史に残る名盤揃いです。

このJazz Giantは、これら最高のアルバム群の中でも、Best of the bestと言えるもの。ここにはパウエルの超絶技巧が、芸術の香りを具えた名曲の中に、余す事無く捉えられていて、パウエルの凄さと数々のスタンダードナンバーのジャズ史上最高レベルの名演を同時に楽しめる、一粒で二度美味しい名盤です。

banner02←クリックで応援お願いします

他にも紹介しています
チュ-が選んだ名盤集

マイショップを見る

スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/08/15 02:06 | チューが選んだ名盤集 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
<<Unit Structures/Cecil Tayler 最高のジャケットに包まれた最高のフリー・ジャズ | ホーム | Empyrean Isles/Herbie Hancock>>
コメント
初めまして。としと申します。よろしくお願いします。

バド・パウエルのこの作品、僕も大好きな1枚です。でもついこの間まであまり好きでははなかったです。親しみやすさが無いような感じでした。人気の高い、「クレオパトラの夢」が入っている作品をかろうじて好きだったに過ぎませんでした。ブレイクした今、この人の一番は、「バド・パウエルの芸術」と「ジャズ・ジャイアント」をのどちらかでしょう。昔何処の出版か忘れましたがかの秋吉敏子さんの意見として、曲について「テンパス・フュジット」のほうが、「クレオパトラの夢」よりずっと良いというコメントを出していました。
では、また…。
とし * URL [編集]2005/08/18 09:33
前のコメントで誤字脱字がありました。勢いあまって、確認を怠ってしまいました。失礼しました。

話題をバド・パウエルに移して、他人の書いたものを流用するのも恐縮なのですが、「ピアノ・トリオはジャズではない、もしジャズならば、『ザ・ジニアス
オブ・バド・パウエル』だけを認めよう」といった評論家が居ました。ストリート・パフォーマンスだったかつて遠い昔、ピアノは使わなかった事を指摘しているようです。
ちなみに僕はピアノはソニー・クラークとレッド・ガーランドが好きです。定番ですね。
では、また…。
とし * URL [編集]2005/08/18 10:07
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/48-2c8bf79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。