スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Unit Structures/Cecil Tayler 最高のジャケットに包まれた最高のフリー・ジャズ
Unit Structures
Cecil Taylor

Blue Note
1990-10-25
売り上げランキング 46,454

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

Cecil Taylor(p)/Jimmy Lyons(as)/
Eddie Gale Stevens Jr(tp)/Ken McIntyre(as)
Henry Grimes(b)/Alan Silva(b)
Andrew Cyrille (ds)



新しいカテゴリー「ジャケットで選ぶ名盤」を作ったのは、実はこのアルバムを紹介する切り口が欲しかったからなんです。この名盤、残念ながらフリー・ジャズのレッテルが邪魔をして、流石の「スイング・ジャーナル読者のベスト100」にも選出されていないし、確信を持って全てのジャズ・ファンにすすめる「チューが選んだ名盤」に加えるには、ちょっと難易度高いし。

banner02←クリックで応援お願いします
で、この素晴らしいジャケット・デザインを良い!という分には誰も文句無かろうと、いう訳です(笑)。BLUE NOTEレーベルの偉大さは、

・録音された音楽の素晴らしさ
・リハーサルにまでギャラを払うという、ベストの音楽を録音
 する為の、並々ならぬ努力
・日の当たっていなかった才能を自信を持って発掘した事
 (セロニアス・モンクを始めとして、数知れずの大物が
 Blue Noteでデビュー)
・ジャケットも作品の一部として素晴らしいジャケット・アート 
 を創造した事

など、ジャズ・レーベルの模範のような会社だった訳ですが、ベルリン生まれのアルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフという情熱溢れる2人の創業者が、ビジネスマンである前に、純粋なジャズ・ファンだったればこそ、と言えるでしょう。

そして、これらBlue Noteの魅力を語る上で、多くのジャケットを飾る、素晴らしいモダン・アートを手がけたリード・マイルスの存在を欠かす事もできない。彼の代表作の一つが、このUnit Structuresという訳。

セシルの変幻自在な、フリー・ジャズをカラフルな複数の写真で構成した、このデザインはアンディー・ウォーホールにも通じるカッコ良さで、こいつはちまちましたCDではなく、LPで買って欲しい。そしてセシルの音楽が理解できるようになるまでは、部屋の壁の装飾品として使っても良いだろう。毎日ジャケットを眺め、1~2年も聴いていれば、きっとセシル・テイラーの偉大さが分かる日が来ると信じています。

1.Steps
2.Enter, Evening [Soft Line Structure]
3.Enter, Evening [Alternate Take]
4.Unit Structure/As of a Now/Section
5.Tales (8 Whisps)

他にも紹介しています
ジャケットで選ぶ名盤

マイショップを見る

スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/08/15 11:32 | ジャケットで選ぶ名盤 | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
<<お助けを! | ホーム | Jazz Giant/Bud Powell - Jazz Pianoの聖典>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/49-cd43dee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ニュー・シネマ・パラダイス【ポイント最大
若手実力派トランペッターのブルーノート移籍第1弾!世界最高峰の実力とセンスを持つ、イタリアを代表するイケメン若手トランペッター!イタリアで大人気のハイ・ファイブ・クインテットの主要メンバーとして活躍し、ソロでも高い評価を得ている若手実力派トランペッター、 ジャズの1日【 2007/09/17 19:18 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。