スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
愛は面影の中に / レイチェルZ
愛は面影の中に(紙ジャケット仕様)
レイチェルZ・トリオ

ヴィーナスレコード
2004-04-21
売り上げランキング 28,479

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

First Time Ever I Saw Your Face/RACHEL Z
レイチェルZ(p)/ニッキー・パロット(b)/ボビー・レイ(ds)

久しぶりにワルツ堂に寄ってみると、やたらとヨーロッパ系のマイナーレーベル物が増えている。
そういやジャズ雑誌でも昔と違って欧州からの輸入盤紹介が充実してるよなぁ。
ハチのマスターも「お前のジャズは15年前で止まってる」などと、北斗の拳のケンシロウみたいな事、言うてたし。
やっぱ最近のも聴かなあかんな、と思いつつ、外れるのも嫌なので、取り合えずTSUTAYAで新しめのCDを何枚か借りてきました。
ジャケットと紹介文を見て何気に選んだピアノトリオが大当たり。これ、良いですよ!!

いきなり1曲目はタイトルこそ「Heart Shaped Box」だけど、これテーマのフレーズ、Coltraneの「Mr.P.C.」のパクリやんか!と思ったら続くフレーズは「Softly as in a Morning Sunrise」だし。著作権の問題に疑問は残しつつも、演奏が良いから許しちゃおう。ここではマッコイ・タイナーの影響を感じさせるフレージングで力強く、小気味良い。でもどこかで女性ならではのお洒落さを感じさせるプレイ。

このトリオ、ベースにドラムまで、3人の女性トリオだけあって、テンポの速い曲でガンガンやってても、細部には繊細さが感じられる。

3曲目、Stingの「Fragile」がこのアルバムの白眉。元々Sting自身がジャズに近い曲を作ったり、ジャズマンと競演したりはあるけれど、ジャズ側から彼の曲を取り上げているのは始めて聴いたような。なるほど、新しいジャズにはこういう楽しみもあるなぁと再認識。

この女性ピアノ、ちょっとはまるかもしれません。

1.Heart Shaped Box
2.Crestfallen
3.Fragile
4. In The Wee Small Hours Of The Morning
5. First Time Ever I Saw Your Face
6. Hurt
7. Time To Say Gooodbye(Con Te Partirto)
8. Autumn Leaves
9. Don't Give Up
banner02←クリックで応援お願いします

他にも紹介しています
ピアノジャズBestアルバム

マイショップを見る

スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/09/05 00:02 | チューが選んだ名盤集 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<Dippin' / Hank Mobley | ホーム | コルトレーンの最高傑作 - 《Transition》の謎>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/66-59a36b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。