スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Hi-Fly / Karin Krog and Archie Shepp
ハイフライ(紙)

インディペンデントレーベル
2003-12-24
売り上げランキング 189,649

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

Karin Krog(vo),Archie Shepp(ts),Charles Greenlee(tb)
Jon Balke(p),Arild Andersen(b)Beaver Harris(ds)
Cameron Brown(b)

久しぶりのアーチー・シェップです。これは学生時代からの愛聴盤。僕にとって、とっておきの1枚です。

北欧の歌姫、カーリン・クローグとのコラボレート・アルバムですが、このカーリン・クローグ、スタンダード、器楽的唱法から前衛系アプローチまで何でもこなす才媛です。
シェップ以外にもアルバート・マンゲルスドルフやジョン・サーマンといった前衛派との共演が多いのですが、デクスター・ゴードンとの共演盤《Blues and Ballads》も有名。昨年のSteve Kuhnとの再会アルバム《New York Moments》も評判良さそうです。

そういえば先日もワルツ堂で《Different Days Different Ways》という古いクローグの再発版を見かけたのですが、帯の解説がふるっていました。「このアルバムはCD棚の奥深くにしまって、くれぐれも未成年に聴かれないようにご注意ください。(?!)」
なんでも「クローグの最もエキセントリックでエロティックなアルバム」だそうで、一体子供に聴かせてはいけないアルバムとは、どのような音楽なのか、言葉の意味が分かる訳じゃなし・・?
解説文の横にはクローグ自身のアルバム評、「これは私が最も前衛的だったときの作品」と、これまた意味シン。手にとって買おうか買うまいか悩んだのですが、怖くて買えませんでした(笑)。

話が脱線しましたが、シェップはJoe Lee Wilsonなど、結構ヴォーカルを入れたアルバムを制作していますが、このアルバムにおけるクローグは、歌手というより楽器奏者という印象です。

シェップ独特のあの音、塩辛く、鈍重な刃物のような“あの音”と、クローグの声質がとてもマッチしていて、このアルバムを普通の“歌もの”とは異なる全く特別なものにしています。
「Sing Me Softly Of The Blues」や「Steam」、「Solitude」などが特に素晴らしい。

1. Sing Me Softly Of The Blues
2. Steam
3.Daydream
4. Solitude
5.Hi-fly
6.Soul Eyes
banner02←クリックで応援お願いします

他にも紹介しています
チュ-が選んだ名盤集

マイショップを見る

スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/09/09 01:07 | チューが選んだ名盤集 | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
<<ハチママ・セッション | ホーム | Dippin' / Hank Mobley>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/68-bdab05df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
運動会で1等賞
一昨日、おこなわれた運動会で娘が徒競走で見事1等賞、感激! 練習ではいつもビ... George's Bag Blog【 2005/09/29 23:01 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。