スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Live In Paris 1989/Joachim Kuhn Trio これ凄すぎ!!
ライブ・イン・パリ,1989
J.-F.ジェニー・クラーク ダニエル・ユメール ヨアヒム・キューン

3Dシステム
2004-02-18
売り上げランキング 74,690

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

Joachim Kuhn(p)/Daniel Humair(ds)/J.F.Jenny-Clark(b)
1989年

今日は久々にとんでもない傑作を見つけてしまい、興奮しています。ピアノトリオでこれ程のカタルシスと興奮を覚えたのは一体何年振りの事でしょうか。
山下洋輔トリオの傑作《Chiasma》やセシル・テイラーの《AKISAKILA》&《Dark to Themselves》で感じたのと殆ど同レベルの興奮と感動と言えるでしょう。

でも洋輔&テイラーのトリオは共にアルト・サックスという管楽器を擁し、その分表現力で有利という点を差っぴけば、純粋なピアノトリオでこれ程のカタルシスを創出するというのは本当に尋常じゃありません。

極めて硬質で力強いピアノを、ブンブン唸るベースと大迫力のドラムがサポート。観客の興奮がそのどよめきから伝わってきます。最近Bad Plusなるバンドが史上最轟音ピアノ・トリオなるコピーで売り出していますが、このキューン・トリオと比べると赤子みたいなもんです。

1曲目の[Changement]から、いきなりパワー全開!刺激的なダニエル・ユメールのドラムに乗って疾走するキューンの演奏に、観客の歓声もロック・コンサートのような盛り上がりで応えます。
続くは、ガトー・バルビエリの印象的な映画主題歌[Last Tango In Paris]。この名曲をオリジナル以外では初めて聴きましたが、激しくも官能的な演奏は、まるでこの情熱的なトリオのオリジナル曲か?と思わせるほど、キマッています。
4曲目の[Guyl Ne]が、これまた凄い。フリージャズとハードジャズの境界を行き来するかのような、印象的で、経験した事のない種類のスリリングな演奏です。

とにかく最後まで圧倒的な迫力と個性的な名曲揃い。ひろみの3枚目への期待で飢餓状態気味の心を目一杯埋めてくれました。絶対のお勧めです。


1.Changement
2.Last Tango In Paris
3.Clever Feelings
4.Guylene
5.Yesterdays
6.Para

他にも紹介しています
ピアノジャズBestアルバム

マイショップを見る



スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2005/09/17 02:09 | チューが選んだ名盤集 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<バラはあこがれ!? | ホーム | Hiromi新作情報第2弾!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/71-4c0c7acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。