スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
あぁっ、ミューズ(女神)さま!-Tales of Another
Tales of Another
Jack De Johnette Gary Peacock with Keith Jarrett

ECM
2000-06-06
売り上げランキング 84,428

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

Tales Of Another/Gary Peacock

Gary Peacock(b)/Keith Jarrett(p)
Jacj DeJohnette(ds)

1977年録音のゲイリー・ピーコック名義のアルバムですが、実質的に83年に結成されるキースのスタンダーズ・トリオの前身とも言える傑作で、直感とインスピレーションによる恐ろしいほど高次元のインタープレイが展開されています。
あたかも創造の女神が降臨し、3人に憑依して演奏を繰り広げたのでは?とすら思わせるこのアルバムは、何年経っても色褪せるどころか、輝きを増し続ける、僕にとってのピアノトリオNo.1アルバムです。

先日もヨーロッパの新人エンリコ・ピエラヌンティを紹介した所で、こんな事を言うのも気が引けるのですが、いろいろなピアノトリオを聴いても、結局はこの現代ジャズ界最高峰トリオに帰ってきてしまう。それを言っちゃオシマイと分ってはいるのですが、久しぶりに聴くと、この30年近い歴史の中で、感動のレベルにおいて彼らを超えるトリオが未だにいない事を改めて思い知りました。

神秘的な響きのシンバルにピアノが静々と導かれ、素晴らしいベースソロへと引き継がれるVignetteから、三者一丸となった高揚感に満ちたTrilogyⅡ、そしてキースの天に向け上昇していくかのようなフレーズの後、突如訪れるエンディングが印象的なTrilogyⅢまで、ただただ圧倒されるばかりです。全曲ゲイリー・ピーコックのオリジナル曲であり、それだけに自由奔放に音楽が形成されていく緊張感とスリルは、スタンダーズ以上と言えるでしょう。

取り付かれたキースのうめき声が、いつもより感度良く録音されている点が唯一の難点ですが(笑)、創造のミューズ(女神)を目の当たりにして、それは些細な事。キースファンたるもの、この音の外れた呻き声も笑って受け入れなければなりません。

ピアノトリオにおける即興演奏の極北ともいうべき、このアルバム。一般的なジャズ名盤100選にランクされる事はまずありませんが、こういう傑作こそ、全てのジャズファンに勧めたいと思うのです。

1. Vignette
2. Tone Field
3. Major Major
4. TrilogyⅠ
5. TrilogyⅡ
6. TrilogyⅢ

banner02←クリックで応援お願いします

他にも紹介しています
ピアノジャズBestアルバム

マイショップを見る




スポンサーサイト
2005/09/20 23:35 | チューが選んだ名盤集 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<天満音楽祭でJAZZライブ三昧! | ホーム | 薫り高い魅惑のヨーロピアン・ピアノ-エンリコ・ピエラヌンティ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/77-3adcc7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。