スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
Open Sesame/Freddie Hubbard
open sesame
オープン・セサミ/フレディ・ハバード

1.Open Sesame/2.But Beautiful/3.Gypsy Blue
4.All Or Nothing At All/5.One Mint Julep/6.Hub's Nub

Freddie Hubbard(tp)/Tina Brooks(ts)/McCoyTyner(p)
Sam Jones(b)/Clifford Javis(ds)<1960年>


フレディ・ハバードのBlue Noteにおけるデビュー作。フレディー、22歳の作品。溢れる才能の開花を感じさせる、煌めくようなトランペットの音が魅力的です。
それに曲が良い。
エキゾチックな情緒たっぷりの"Open Sesame"、"Gypsy Blue"、しっとりとトランペットによるバラードのお手本のような”But Beautiful”、ご機嫌なブルースジャズ、"One Mint Julep"、特にお勧めは、ノリノリの"All or nothing at all"。この曲におけるラッパソロは最高のかっこよさ。続くTinaのサックスも良い味を出し、引き継ぐマッコイのピアノソロは、コルトレーンカルテット参加前でマッコイらしさを確立前の若さを感じさせるプレイ。最後を締めるハバードのソロはこのアルバム最大の見せ場。ドラムとの4バース部分でのメロディーといい、音といい、本当に輝いている。ラッパはマイルスだけじゃないぞっ、てな意気込みが感じられるようです。

ジャズ暦の如何を問わず、誰にでも薦められる名盤。これははずしません。ていうか、ここで紹介しているアルバムは、誰が聞いても絶対にはずさない、という事を意識してセレクトしています。
もし外れたと感じられた場合、暫く時間をおいてから再度お聞き下さい。必ず良さが分かる時が訪れます。
banner02←クリックで応援お願いします
スポンサーサイト
2005/06/12 23:00 | チューが選んだ名盤集 | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
<<Live!/綾戸智絵 | ホーム | Home boy,Sister out/Don Cherry>>
コメント
 ティナ・ブルックスのオリジナル曲は最高です。
いぶくろ * URL [編集]2005/12/09 01:22
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://jazznikki.blog16.fc2.com/tb.php/8-1fc226aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。